セール

【SOLD OUT】Sartoria Piccirillo アイリッシュリネンジャケット 44

¥206,600

ビスポークをする人にとって、美しい麻のジャケットというのは永遠の憧れでしょう。

しかしそれが宝石のように輝き、シルクのようにさらりとして、極上ウールのように美しいシルエットラインを描く麻であったら。それは憧れというより、夢のようなものかもしれません。

今回はそんな夢のような麻を、頑なに古典的なナポリ仕立てを続けるマエストロ ジャンニ・ピッチリーロが仕立てた一着。

まるでローマの巨匠 ベルニーニの彫刻のような力強さと陰影、そして美しいドレープ感を持つジャケットです。

ジャンニ・ピッチリーロの仕立てたジャケットは、しっかりとした芯地を手縫いで据付けるため、柔らかく警戒な着心地を持ちながらも、いつまでも美しいシルエットを維持します。

着込んでいくことで美しく成長する麻のジャケット。10年後にも、希少なコレクションとして魅力を増していくマスターピースです。

在庫切れ

商品コード: SP21SS-LN カテゴリー: ,

説明

生地 ・仕様

麻(300g/m)

背抜き / サイドベンツ / パッチポケット /ダブルステッチ / マニカ・カミーチャ

 

サイズ

肩幅42cm

胸囲48cm

胴囲44cm

着丈71cm

袖丈59cm(袖未処理, +-6cm調整可能)

Sartoria Piccirillo

人と喧騒の行き交うナポリ旧市街の一角。ひっそりと佇む一軒の仕立て屋、Sartoria Piccirillo サルトリア・ピッチリーロ。

ジャンニ・ピッチリーロは子供の時から故ルイジ・ダルクオーレ の元で修行し、23歳には自分の店を持って、以来マエストロとして数々の顧客にスーツを仕立ててきました。

観光客の近づかないような下町にありながら、エルメネジルド・ゼニアのCEOや某国の大統領さえ顧客リストに名を連ねています。

職人の手が通った後の見えるようなハンドワーク、堂々として力強いカッティング。そしてまるで何年もかけて縫われたのではないかと錯覚するほど細かなハンドステッチの数々。

ジャンニ・ピッチリーロの仕立てるスーツやジャケットはポケット裏地等の最小限の部分にしかミシンを使っておらず、総手縫いと言うべきナポリでも稀有の服です。

1900年代初頭から変わらない古典的なナポリ仕立てを既製服に。なんて贅沢な一着でしょうか。ナポリ現地民しか知らない本物のナポリ仕立てを是非ご体感ください。